ホーム > 製品案内  > LD 乳酸脱水素酵素

LD 乳酸脱水素酵素

製品案内

セロテックの商品検索

 表示値表検索



LD測定法

JSCC標準化対応法

 LD(乳酸脱水素酵素)はβ-ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチド酸化型(β-NAD)の存在下でL-乳酸をピルビン酸へと酸化する反応を触媒してβ-ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチド還元型(β-NADH)を生成しますので、このβ-NADHの生成に伴う吸光度の増加速度を測定することによりLD活性値を求めます。

測定意義

 ほとんどすべての細胞に存在し、細胞の障害時に血中に逸脱する酵素であるゆえに、初診時のスクリーニング検査として、重要な役割を示します。すなわち、なにか異常が生じていないかどうかを判定するのに有用です。また、血中の活性レベルが障害の程度を示すため、重篤度を判定することができます。同じように細胞障害の際に血中に逸脱するASTとの割合から、障害された細胞を推定することができます。
 個人の基準範囲、生理的変動幅を考慮して上昇していると判断した場合、何らかの異常があると考えられます。同じ病態による場合、活性値が高ければ高いほど細胞障害の範囲は広いと考えられ、あるいはほかの病態の合併が疑われます。

                     
高値) 血液疾患、心筋・筋疾患、肝疾患、各種がん など
低値) 遺伝子異常、阻害因子、薬剤の投与 など
 
参考基準範囲
 
血清  98~221U/L
(社内データ 860例より臼井法にて算出)