ホーム > 製品案内  > AMY アミラーゼ

AMY アミラーゼ

製品案内

セロテックの商品検索

 表示値表検索



各試薬の違い

AMYchoice3

※EL/ML、およびCL/SLはそれぞれ試薬比が異なります。

測定法

AMY


 非還元末端を修飾保護したエチリデン-パラニトロフェニル-α-D-マルトヘプタオシド(Et-G7-pNP)を 基質として用い、α-アミラーゼの作用により生成するpNP-G2~pNP-G 4に共役酵素であるα-グルコシダーゼ(α-GH)を作用させてパラニトロフェノール(pNP)を遊離させ、pNPの生成に伴う吸光度の増加速度を測定することによりα-アミラーゼ活性を求めます。


P-AMY


 検体中のアミラーゼアイソザイムのS型、P型アミラーゼのうち、S型アミラーゼのみを特異的に阻害するモノクローナル抗体を用い、S型アミラーゼのみを阻害します。 残存しているP型アミラーゼにより非還元末端を修飾保護したエチリデン-パラニトロフェニル-α-D-マルトヘプタオシド(Et-G7-pNP) は加水分解を受けpNP-G2~pNP-G4を生成します。 これに共役酵素であるα-グルコシダーゼ(α-GH)を作用させてパラニトロフェノール(pNP)を遊離させ、pNPの生成に伴う吸光度の増加速度を測定することによりP型アミラーゼ活性を求めます。


測定意義

 血中にはα-アミラーゼの阻害剤は存在せず、また、腸管から吸収されないため、血中のα-アミラーゼ活性は、通常、膵臓及び唾液腺から血中に入る酵素に由来します。
 膵臓あるいは唾液腺が閉塞している場合や、これらに炎症がある場合には多量のα-アミラーゼが直接(門脈など)、あるいはリンパ管を介して血中に流入するため、血中のα-アミラーゼ活性が上昇します。
 しかしながら、血中α-アミラーゼの半減期は短いため、α-アミラーゼ活性値は24時間以内に正常値に復帰します。
 したがって、血中のα-アミラーゼ活性の測定はα-アミラーゼが継続的に血中に逸脱しているような疾患(急性膵炎、慢性膵炎などの膵疾患、急性耳下腺炎、消化管穿孔など)の鑑別診断に役立ちます。
 膵疾患とそれ以外の疾患を区別するためには、膵臓に特異的なアミラーゼアイソザイムのP-AMYも測定することが必要です。P-AMYも血中から尿中へ速やかに排泄されるため、P-AMY活性/(総アミラーゼ活性)比を 経時的に測定することによって、診断の特異性が向上し、経過観察の指標としても有用です。

                     
AMY低値) 膵癌、慢性膵炎 等
AMY高値) 急性膵炎、慢性膵炎、膵癌、急性耳下腺炎、腸閉塞、子宮外妊娠、アミラーゼ産生腫瘍 等
                     
P-AMY低値) 膵疾患による膵実質の荒廃、膵全摘または広範囲の切除、重症糖尿病 等
P-AMY高値) 膵疾患、膵障害の合併、薬剤性膵炎、膵液の消化管からの漏出、膵液の逆流 等
                                                                                   
AMY参考基準範囲
血清 37~125U/L
加藤 隆則他:医学検査 Vol.53,No.4,411,2004.
尿 50~500U/L
金井 他,臨床検査法提要,改訂34版,p.564,2015.
                                                                                   
P-AMY参考基準範囲
血清 16~52U/L
加藤 隆則他:医学検査 Vol.53,No.4,411,2004.
尿 11~383U/L
社内データ、417例よりパラメトリック法にて算出